さかき漣ーシンギュラリティを描く話題の小説『エクサスケールの少女』#01

2017.2.15

シンギュラリティをテーマにした話題のSF小説『エクサスケールの少女』。その著者、さかき漣さんへの取材前編。人工知能のリアルを壮大なスケールで描いたこの作品が誕生するきっかけとは。

エクサスケールの少女とは?

シンギュラリティをテーマにした小説『エクサスケールの少女』がいま話題になっている。
テクノロジーの究極的な進化が人類の歴史にどのような影響を与えるのか、主人公の青年の成長を通して壮大なスケールで描かれる。

人工知能やシンギュラリティをテーマにした映画や小説は少なくないなかで、『エクサスケールの少女』が注目される理由の1つがリアリティだろう。

作品中に登場する人工知能やスーパーコンピューター(スパコン)に関する情報は、識者や学会への綿密な取材に基づいたもの。
また、人工知能に関わる議論も識者らの間で実際に行われているものだ。
リアルな情報を基に、ストーリーは京都や出雲を舞台にして、神話、歴史、文化と絡み合いながら展開していく。

『エクサスケールの少女』を読めば、サスペンス的な展開を楽しみつつ、人工知能やシンギュラリティのリアルを体感できる。こ
れは、より良い未来を実現するために人工知能の発展をどのように捉えるべきなのか、という現在を生きる私たちにとって非常に重要な問いかけを考える出発点となる。

そんな話題作の著者、さかき漣さんへの取材で明らかになった執筆の裏話から作品に込めたメッセージまで、前編・後編の2回に渡りお届けしたい。前編となる今回は、作品を書くことになったきっかけ、あまりの衝撃に作品中に登場することになる個人や団体への取材エピソードを聞いた。

『CATALYST』にも登場するのあのひとたちも登場するので、彼らの記事を読んでから『エクサスケールの少女』を読むと一層楽しむことができるはずだ。

さかき漣さんのプロフィール
作家。立命館大学文学部哲学科哲学専攻卒業。社会小説の既刊に『コレキヨの恋文』 (小学館/PHP文庫)、『希臘から来たソフィア』(自由社)、『顔のない独裁者』 (PHP研究所)他。2015年、株式会社ドワンゴとスタジオカラーの共同企画「アニメ (ーター)見本市」にて『顔のない独裁者』が短編アニメ化。2016年11月、新刊SF 『エクサスケールの少女』(徳間書店)発売。
公式サイトはこちら

あの社長からの執筆依頼も最初は断った

ーどのようなきっかけで『エクサスケールの少女』を執筆することになったのですか。

私はフリーになる前、作家の事務所に勤めていたのですが、そこで『エクサスケールの衝撃』の草稿を読む機会があって、それがきっかけになりました。

『エクサスケールの衝撃』の著者である齊藤社長がスーパーコンピューター(スパコン)や人工知能を世に広く知ってもらうために何かできないかとお考えになり、草稿を執筆されながら、出版する機会を求めていらっしゃいました。

そこで事務所の上司と共に草稿を読み、弊社で齊藤社長に出版社を紹介しようとなりました。

当時、私は政経小説『顔のない独裁者』をPHP研究所から出版する予定で、執筆の真っ最中でした。
そこで私から『エクサスケールの衝撃』はPHPのカラーに合うのではと提案したところ、齊藤社長も喜ばれ、本格的に書籍化に向けて執筆を進められたのです。

ーそれは3〜4年ほど前の話ですか。

そうですね、2013年の話になります。

実はそのとき、齊藤社長は私の政経小説を全作品読んでいらしたということが分かりまして、今度は人工知能やシンギュラリティを世に広く知ってもらうために政経小説のような作品を書いてくれないかとお願いされました。

でも丁重にお断りしました(笑)

私は自分の専門外である政治経済の問題に、日本文化や歴史、思想や心理の問題を織り交ぜ、話を展開させるのが得意でした。
それがさかき漣の個性でもあるのですが、人工知能やスパコンについてはまったく詳しくないので無理だろうと思ったからです。

ーなるほど。文系にとっては人工知能やスパコンは難しそうに見えますからね。

でも、一昨年に出雲へ旅行したところ、出雲神話とシンギュラリティを重ねて書いたら面白いのではないか、と思いついたのです。
そして偶然、その旅行の直後に齊藤社長にお会いすることになり、「書かせていただいても宜しいですか?」と伺ったところ、「何年も前からお願いしております」と言われました(笑)

門外漢で分からないことも多いですが、やってみますと約束し、一昨年末から取材と勉強を始めました。

もともと映画『2001年宇宙の旅』を何十回も見たことがあり、この映画がバイブルと言えるほどSFが大好きだったので、あっという間に人工知能やシンギュラリティの世界にのめり込んでしまいました。

『CATALYST』でおなじみの人物も個性豊かなキャラになって登場

ーどのようなところから取材を始めたのでしょうか。

まず齊藤社長が代表をされているPezy Computing社やExaScaler社の事業に関して詳しく取材しました。

またスパコンの現状を知るために多くの学会に参加させていただきました。
齊藤社長がドイツの学会で発表するときには同行することもありました。

2016年のスパコンランキングで世界1位(消費電力性能部門)となった「Shoubu(菖蒲)」の計測が理化学研究所で行われたときに立ち会うこともありました。

このほかにも人工知能について議論を行なうシンギュラリティサロン、研究会やシンポジウム、大学や企業、とにかくいろんなところに足を運び取材させていただきました。

ーそのなかでもっとも小説に大きな影響を与えたのはどのような取材だったのでしょう。

「AI社会論研究会」という人工知能の発展が社会にどのような影響を及ぼすのかを議論する研究会があるのですが、あまりにも興味深い研究会で、作中でも「プレシンギュラリティ社会論研究会」と名前を変えて登場します。

作中の議論はこの研究会で実際に行われた議論を脚色して使わせて頂いています。

そして、AI社会論研究会の代表、井上先生(駒澤大学経済学部講師)は実名で登場されます。

ー主人公のモデルは齊藤社長で、井上先生は実名で登場。すごくリアリティが出ますね。ほかにもモデルになっている実在の人物はいるのでしょうか。

正確にいうと松田先生(神戸大学名誉教授、シンギュラリティサロン主催者)がモデルとなり生まれたキャラクターではないですが、松田先生の熱意や若い研究者を支援する姿勢を参考にさせていただいた人物が、京大教授として登場します。

私は京都が好きですから、作中に京都の良さをぜひ入れたいと思っていました。その1つとして京大教授を登場させることにしたんです。

でも全てのキャラクターは、最初は実在の方をモデルとして設定をお借りしたものの、最終的にはまったくの別人になっています。
私はクリエイターなので、いったん作品の世界に入り込んでしまうと、自分でも怖いくらいの集中力を発揮します。まるで巫女さんみたいになってしまうんです。その後は完成まで、間断なく想像と脚色を繰り返していきます。

後編では、実在する人物たちは『エクサスケールの少女』の作品中でどのようなキャラクターとして登場するのか、ストーリーはどう展開するのかを伺った。

※5冊限定『エクサスケールの少女』をプレゼント!!!

応募はこちらから 締め切り:2017年3月14日

取材・執筆 :

読んでみたい?

うーん。0 読んでみたい!19

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Keywords

Back Numbers

  • DRONE RACE
  • AI
  • DRONES
  • Motoaki Saito
  • Biohack
  • FUTURE LIFE
  • Singularity World
  • WORK
  • MOVE BEYOND