天才以外、全員失業する時代#01

2017.2.6

「人工知能と仕事」をテーマに、技術的失業を専門とする駒沢大学経済学部の井上智洋氏が3回連続で語る。初回は「技術的失業が起こるプロセス」について。

人工知能と仕事

「人工知能と仕事」をテーマに、技術革新が引き起こす失業=「技術的失業」を専門とする駒沢大学経済学部の井上智洋氏が3回連続で語る。初回は、「技術的失業が起こるプロセス」について。

知性で人間に匹敵するような高度な人工知能は、いつ、どのようなかたちで出現するのか。
出現すると、人間の仕事はどのように置き換えられていくのか。
ある特定の職種の人たちではなく、”普通の人” たちがこれからたどるショッキングな「失業のプロセス」が明らかに。

節目は汎用人工知能が登場する「2030年」

「人工知能」と一口にいっても、二つの種類にわかれます。「特化型人工知能」と「汎用人工知能」です。特化型人工知能というのは、今すでにこの世の中に存在しているもの。皆さんもお使いのiPhoneに搭載されているパーソナルアシスタント「Siri」、先日話題になった囲碁を指す「AlphaGo」も特化型人工知能。何か一つの役割に特化したものを言います。

それに対して、「汎用人工知能」はまだこの世には存在していません。一昨年頃から世界中のさまざまな機関が研究開発をスタートさせたばかり。何か一つの役割に特化するのではなく、囲碁を指すことも、会話も、事務作業だってできる。人間はいわば汎用型の頭脳、知能をもっていますが、そんな人間と同じ振る舞いができるものを作ろうというコンセプトです。

汎用人工知能が登場すると、仕事、雇用の状況は一変してしまうでしょう。作業をオートメーション化するどころか、人間と同じような振る舞いができてしまうのですから。

日本で汎用人工知能の開発をリードしているのは、代表をドワンゴ人工知能研究所の山川宏さん、副代表を東京大学の松尾豊先生らが務める「全脳アーキテクチャ・イニシアティブ」。彼らによると、2030年には汎用人工知能開発の目処が立つと言われています。

海外で開発を目指しているのは、Google傘下で「AlphaGo」を作ったDeepMind社。ジョフ・ホーキンス氏のNumenta社は、理性などを司る大脳新皮質だけを再現しようとしています。

その点、感情をふくむ脳のすべてを再現しようとする全脳アーキテクチャのアプローチは、Pepperもそうですがとても日本人らしいと思います。これに近いのが、チェコのGoodAI社。ゲーム会社の社長がその収益を元手に新たに作った会社で、汎用人工知能の開発に取り組んでいます。このように世界にはさまざまなプロジェクトがあります。

経営者以外、すべての従業員が置き換えられても不思議ではない

これまでの特化型人工知能も、人の雇用をある程度奪うには奪ってきました。それでも人は、多少の痛みは伴うものの転職などして他の仕事に「労働移動」すればよかったのです。

ただし、そのためには移動先に雇用が存在していなければなりません。十分な雇用が作られるためには、不況に陥らないように妥当なマクロ経済政策が実施される必要があります。このことは、近年のアメリカの失業率の推移からも明らか。
アメリカはリーマンショック以降、失業率が高止まりしており、『機械との競争』の著者たちは、「情報技術が労働機会を破壊しているから失業率が下がらないのだ」と主張しました。

しかし、失業率は昨年12月時点で5%にまで下落しており、これはマクロ経済政策が有効にはたらいたことで技術革新によって引き起こされる失業を抑えこむことに成功したものと解釈できます。

ところが、汎用人工知能が登場する「2030年」以降、その状況は一変します。有効なマクロ経済政策だけでは、技術的失業を抑え込むことは難しくなるのです。それはなぜかーー。

天才ではない普通の人にとって、人工知能に対する最大の強みは総合力でした。特化型人工知能は果たせる役割は何か一つにかぎられ、人間がある程度命令しないと動くことができなかったからです。

しかし、人間と似たような知性をもつ汎用人工知能は、総合力さえも兼ね備えるかもしれません。一度何かをお願いしたら、その他の多くのことも学習してやってくれるかもしれない。「わが社のホームページと今年の決算書を作ってくれ」と言われたらすぐに「できました」という具合に。

すると業種によりますが、30〜40名規模の会社は経営者以外、すべての従業員が人工知能に置き換えられても不思議ではありません。経営者からすれば、そのほうが合理的だからです。

「汎用ロボット」の登場で人間の優位性はさらに危ぶまれる

汎用人工知能は、それがパソコンやスマートフォン上で動作するかぎりお茶汲みのような「肉体労働」はできません。しかし、汎用人工知能をロボットに搭載して「汎用ロボット」が生まれ、手足が使えるようになると、もはやなんでもできてしまう。

さいわい身体部分にあたるロボット技術においては人工知能ほどのブレークスルーは起きていませんが、それも時間の問題かもしれません。

汎用ロボットの原初的なものならすでに存在しています。
自動掃除機「ルンバ」を開発した人工知能研究者、ロドニー・ブルックスが設立したリシンク・ロボティクス社の「バクスター」というロボットは、工場の中で人間がやっている作業を見よう見まねで学び、自分でやってしまいます。
人の振る舞いを見て真似るだけでグラスに水を注いだり、キュウリをスライスしたりすることもできるようになっています。

汎用ロボットが登場するのは、汎用人工知能が登場して少し経った2035年ぐらいでしょうか。
高度な知性をもった汎用型ロボットがどうしても対応できない不測の事態のときは、人間が対処するーーそういうワークフローが実現できれば、やはり相当人間の労働力は要らなくなるのではないでしょうか。

次回はこちら

取材・執筆 :

興味深かった?

bad2 good5
井上先生1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Keywords

Back Numbers

  • DRONE RACE
  • AI
  • DRONES
  • Motoaki Saito
  • Biohack
  • FUTURE LIFE
  • Singularity World
  • WORK
  • MOVE BEYOND
  • 10