『CATALYST』が創刊したのは2015年9月。

「テクノロジーをメインに、シゲキや発見が生まれる面白いメディアをつくる」ことを目的に『CATALYST』は、始まった。

テクノロジーの進化を象徴するドローンや人工知能、ロボティクスなどさまざまな分野のパイオニア・識者へ取材するなかで、世の中を根底から変えるような大きなうねりが底流でうごめいていることに気付いた。

それは、人工知能やスーパーコンピューターの進化が引き起こす「シンギュラリティ」。
*テクノロジーの指数関数的な進化で人工知能がより賢い人工知能を生み出すサイクルの開始時期のこと。諸説はあるが、2035~2045年に訪れると言われている。

シンギュラリティに向かい、このうねりはライフスタイルの変化となって少しずつ表層に現れている。

しかし、多くのひとがその変化に気付いておらず、まだ20世紀の世界に生きている。

一方で意識的、または無意識に21世紀の世界に飛び込み新しいライフスタイルを実践するひとたちが増えているのも事実だ。

『CATALYST』の目的は当時から変わらないが、より読者がイメージを膨らませ、行動に移しやすいよう、身近なライフスタイルにフォーカスすることにした。

大きくうねる時代、『CATALYST』が読者にとって羅針盤の1つになれば幸いである。

CATALYST編集部一同

Back Numbers

  • DRONE RACE
  • AI
  • DRONES
  • Motoaki Saito
  • Biohack
  • FUTURE LIFE
  • Singularity World
  • WORK
  • MOVE BEYOND